ユネスコ「人間と生物圏」(MAB)計画。日本MAB計画委員会のサイトです。
  • ユネスコMAB(「マブ」=人間と生物圏)計画とは、自然の恵みを守り、かつ合理的かつ持続可能に利用するためのユネスコのプログラムです。日本では「人と自然の共生」と呼ばれますが、人間社会と環境の両方をよい状態に保つために、自然資源を持続可能に管理する人々の能力向上を目指します。MAB計画の中でも生物圏保存地域(Biosphere Reserve=日本での通称「ユネスコエコパーク」)が主要な活動です。(文責松田裕之)。
  • MAB計画事業は、第16回ユネスコ総会(1970)にて発足が承認された「人間とその環境との相互関係を研究する政府間学際的長期計画」の一環として行われています。
  • MABとは、UNESCO's Man and the Biosphereのことです。人間(Man)と環境(the Biosphere=生物圏)との関係について、よりよい人間の生存のためにはよりよい生物圏を維持することが必要です。
  • 日本におけるMAB計画の主な担い手は、ユネスコ国内委員会(以下「国内委員会」、事務局:文部科学省ユネスコ第3係)、同MAB計画分科会(以下「MAB分科会」、そのメンバーのうち国内委員以外を以下「調査委員」)、日本MAB計画委員会(以下、「計画委員会」)、日本ユネスコエコパークネットワーク、各地のユネスコエコパークです。

今後の主な予定

2017年

  • 3月中旬:日本生態学会大会(早稲田大学)において企画集会「地域が主体となる日本型国際自然保護制度としてのユネスコエコパーク -現状と課題-」開催予定

2016年

  • 11.26: 自然保護助成基金成果報告会にて若松計画委員が「ネットワーク構築を通じた日本型生物圏保存地域 ”ユネスコエコパーク”の発展」の成果報告
  • 近日中:第37回人間と生物圏(MAB)計画分科会

最近の動き(敬称略)

過去の活動

PAGETOP