ユネスコ「人間と生物圏」(MAB)計画。日本MAB計画委員会のサイトです。
  • ユネスコMAB(「マブ」=人間と生物圏)計画とは、自然の恵みを守り、かつ合理的かつ持続可能に利用するためのユネスコのプログラムです。日本では「人と自然の共生」と呼ばれますが、人間社会と環境の両方をよい状態に保つために、自然資源を持続可能に管理する人々の能力向上を目指します。MAB計画の中でも生物圏保存地域(Biosphere Reserve=日本での通称「ユネスコエコパーク」)が主要な活動です。(文責松田裕之)。
  • MAB計画事業は、第16回ユネスコ総会(1970)にて発足が承認された「人間とその環境との相互関係を研究する政府間学際的長期計画」の一環として行われています。
  • MABとは、UNESCO's Man and the Biosphereのことです。人間(Man)と環境(the Biosphere=生物圏)との関係について、よりよい人間の生存のためにはよりよい生物圏を維持することが必要です。
  • 日本におけるMAB計画の主な担い手は、ユネスコ国内委員会(以下「国内委員会」、事務局:文部科学省ユネスコ第3係)、同MAB計画分科会(以下「MAB分科会」、そのメンバーのうち国内委員以外を以下「調査委員」)、日本MAB計画委員会(以下、「計画委員会」)、日本ユネスコエコパークネットワーク、各地のユネスコエコパークです。

今後の主な予定

2018年

最近の動き(敬称略)

 

  • 5/29-6/2:EABRN開催(カザフスタン国Almaty)。佐藤調査委員,綾BRの河野円樹氏,金沢大Aida Mamadova氏が参加
  • 5/22-26: タイ国チェンマイにて東南アジアBRネットワーク(SeaBRnet)会議。国内委員会事務局齋藤氏,松田計画委員,田中計画委員,みなかみBRの高田悟氏が参加。
  • 4/10:文部科学省国際課応接室にてMartin Price氏を招いたセミナー。岩本氏(祖母・傾・大崩BR),高田氏(みなかみBR),松田調査委員の報告とPrice氏の講演に約25名が参加。FB
  • 4/4: 長野市芸術館 にて「山と人のシンポジウム」でUNESCO英国MAB副議長Martin Price博士が基調講演
  • 3/31: 国際ワークショップ白峰2018「多様な関係者とつくる山岳ユネスコエコパークの大学教育」が石川県白山市で開催され,Martin Price博士が講演 Price博士の報告
  • 3/6: 文科省にてユネスコ国内委員会MAB計画分科会が開催され,甲武信BR(埼玉県、東京都、山梨県、長野県)の推薦を決定した。
  • 3/2-3:東京大学柏にてMAB関連行事 The 6th GPSS-GLI International Symposium(田中計画委員が企画)
  • 2018/2/10-12: 全国エコツーリズム大会in屋久島 ユネスコエコパーク分科会にて田中計画委員がコーディネータ
  • 12/9:早池峰フォーラム(早池峰フォーラム実行員会主催、第19回ユネスコエコパークへの道)において酒井計画委員,朱宮計画委員が講演を行った。
  • 12/9 山梨県韮崎市において、南アルプス自然環境保全活用連携協議会主催で開催のライチョウサポーター養成講座において若松計画委員が講演した。
  • 12/7:文科省にて 日本ユネスコ国内委員会の第38回MAB計画分科会が開催された
  • 11/21 和歌山大学で開催の、公開セミナー「UNESCO世界自然遺産における自然保護とサステイナブル・ツーリズム」において若松計画委員が講演した。
  • 10/27 東京大学柏キャンパス一般公開においてGPSS-GLI企画シンポジウム 「ユネスコエコパーク:環境保全を通じた地域の持続的発展」を田中計画委員が企画講演し、白山、祖母・傾・大崩、みなかみ、南アルプスBRおよびイオン環境財団が講演した。文科省と松田計画委員長が挨拶を述べた。
  • 9/18-23: イタリア国Delta PoにてMAB Youth Forum 2017が開催され、白山BR近藤佳奈氏(郡上市)らが参加した。
  • 9/14-16: 世界島嶼BRネットワーク会議(WNIBR) 済州島(日本からは参加せず)
  • 9/11-14: EABRN GIS研修会 Gwangnueng Forest(光陵の森) BR 日本から国連大飯田義彦氏が参加(参加報告
  • 9/3-9: EABRNワークショップ。中国北京「Biodiversity Informatics in Big Data Time」日本からは参加せず
  • 8/7: JBRN大会(ホテルベルクラシック東京、計画委後援,行事次第)公益財団法人イオン環境財団と日本ユネスコエコパークネットワークが連携協定を締結 (詳細
  • 8/7: MAB計画委員会開催(ホテルベルクラシック東京)
  • 7/7: 「山の日」シンポジウム(岐阜県、郡上市主催、白山BR協議会共催)link
  • 6/20-21: JBRN運営ワーキンググループ(大台原・大峯山・大杉谷ユネスコエコパーク)が開催され、田中計画委員と水谷計画委員が参加
  • 6/18: みなかみユネスコエコパーク報告会(FMぐんま公開収録)がみなかみ町カルチャーセンターにて開催。酒井計画委員が登壇
  • 6/17: 延岡市にて祖母・傾・大崩BR登録記念祝賀会が開催され、大分・宮崎両県知事などが出席し、酒井計画委員が招待された。
  • 6/12―15: 第29回MAB国際調整理事会開催(パリ)。みなかみ(群馬県、新潟県)、祖母・傾・大崩(大分県、宮崎県)が生物圏保存地域(ユネスコエコパーク、BR)に新規登録された。これで、日本のBRは9地域、世界のBRは120か国から 672地域となった。日本国内報告
  • 5/16-17: 第10回東南アジアBRネットワーク(SeaBRnet)会議がインドネシア国ジャカルタで開催され、国連大学OUIK飯田義彦氏が参加
  • 5/9:IACBRの勧告文書が公開され、BR推薦地のみなかみ、祖母・傾・大崩が登録に値すると勧告された。
  • 3.28:日本地理学会2017年春季学術大会(筑波大学)、公開シンポジウム「自然環境の保全と活用に関する 国際的制度の諸相」において吉田計画委員、若松計画委員、田中計画委員が講演
  • 3/21: 日本ユネスコ国内委員会のMAB計画分科会懇談会が開催された 議事要録 Blog
  • 3/18:日本生態学会大会(早稲田大学)において企画集会「地域が主体となる日本型国際自然保護制度としてのユネスコエコパーク -現状と課題-」開催。酒井計画委員、土屋計画委員などが講演
  • 3/18:日本MAB計画委員会を早稲田大学3号館で開催。Japan InfoMAB 42号が発行された
  • 3/16: 只見ユネスコエコパーク公式ホームページが開設されたlink
  • 3/15: 綾ユネスコエコパーク生物多様性保全部会が開催され、西脇計画委員と朱宮計画委員が出席。
  • 3/7: 白山ユネスコエコパーク協議会第3回核心地域・緩衝地域の管理者ワーキンググループ、第27回関係自治体及び関係団体ワーキンググループが白山市で開催され、「管理運営計画策定のポイント」と題して話題提供を朱宮計画委員が行った。
  • 2/28: 志賀高原ユネスコエコパーク協議会WG会議(第2回)が草津町役場で開催され、関係5町村担当者及び水谷計画委員,朱宮計画委員が出席
  • 2/18: 郡上市における白山ユネスコエコパークの活用」が郡上市でユネスコ白山郡上エコパーク研究会主催で開催され、「世界や日本におけるユネスコエコパーク登録後のさまざまな活動」と題して朱宮計画委員が話題提供。
  • 2/18: 第1回信州ESDコンソーシアム成果発表&交流会が信州大学教育学部(長野市)で開催され、信州大学教育学部が主催。地域の6校がユネスコエコパークでの取り組みについて発表。水谷計画委員が企画・実施協力。
  • 2/11: 志賀高原ユネスコエコパークセミナー(第4回)が山ノ内町文化センター(長野県山ノ内町)で開催され、山ノ内町主催。水谷計画委員がファシリテーターを務めた。朱宮計画委員が企画・実施協力。
  • 2/5: 環境省子どもパークレンジャー(第2回)が高山村(ヤマボクスノーパーク)で開催され、環境省主催。主管は志賀高原自然保護センター協議会。山ノ内町及び高山村の児童・保護者などが参加し、「水」をテーマにスノーシューを体験
  • 1/20: 只見町が総務省の「平成28年度ふるさとづくり大賞」を受賞した。
  • 2017/1/16: 志賀高原ユネスコエコパークセミナー(第3回)が山ノ内町文化センター(長野県山ノ内町)で開催され、山ノ内町主催。朱宮計画委員,水谷計画委員が企画・実施協力。

過去の活動

PAGETOP